Numberpedia 整数や数列に関するまとめサイト

完全数一覧

完全数とは

完全数とは、自身を除いた約数の総和が元の数と一致する数を表す。
例えば 6 の約数は 1,2,3,6 で、6を除いた約数の和は 1 + 2 + 3 = 6 であり元の数と一致する。従って 6 は完全数である。
自身を除いた約数の和が元の数以下の数は不足数、元の数以上の数は過剰数と呼ばれる。